フィンジアに副作用はあるのか|成分についての解説

フィンジアに限らず、育毛剤と聞けば副作用を気にしてしまう人も一定数いると思います。その理由としては育毛剤で最も有名な「ミノキシジル」が理由だと思います。ミノキシジルは効果が強い反面、立ちくらみ・めまい・ふらつき・むくみ・動悸・息切れ・体毛が濃くなる・男性機能の低下などの多数の副作用が報告されています。そんなフィンジアですが、結論から言えば副作用はないと思って問題ありません。

そもそも副作用はどのようにして起こるのか?

ミノキシジルはもともと高血圧症の治療薬であったため、服用後に血圧が低下して立ちくらみになる方や、めまいや動悸を感じる方もいます。

ミノキシジルはAGA改善に有効である一方、いくつかの副作用も確認されています。例えば、適用部そう痒感や発疹、皮膚炎、紅斑などです。これらはミノキシジルに限らず、外用薬の多くでみられる症状です。ミノキシジル特有の副作用として、浮動性めまいや頭痛、動悸、血圧低下といったものも報告されています。

引用元:Dクリニック
https://www.d-clinicgroup.jp/clinic/aga/minoxidil/

その点、フィンジアについては入っている成分が副作用の可能性のあるものが含まれていません。特にフィンジアの売りである育毛成分はメインの3成分+10種類の天然成分を配合しており、安全性を考慮してつくられています。

フィンジアの主成分

  • キャピキシル
  • ピティオキシジル
  • カプサイシン

この3つの成分がフィンジアの主成分となり、この中身については以下の通りになります。

キャピキシル

アカツメクサエキスとアセチルテトラペプチド3で構成されている成分であり、安全性の高い天然成分の植物由来エキスがベースとなっているため副作用のリスクがありません・

  • アカツメクサエキス・・・イソフラボンの一種
  • アセチルテトラペプチド3・・・タンパク質の一種

ピディオキシジル

正式名称て、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドといい、通称「ピディオキシジル」とよばれ、ミノキシジルと同じように血管を拡張する働きがあります。ただし、ミノキシジルが医薬品となっていますが、ピディオキシジルは化粧品となっています。

カプサイシン

単純にカプサイシン自体を摂取すると下痢などの可能性もありますが、少量の散布でしたら副作用の心配はありません。そもそもカプサイシンは血管を拡張し、血流を促進する働きがあり、さらには地肌を柔らかくして成分をより浸透しやすくする働きまであります。

 

安心・安全にフィンジアを使用しよう

フィンジアに使用している成分は安心で安全なものばかりです。

ただし、アレルギーの可能性はだれしもありますので、万が一異常が出た場合はかならずかかりつけのお医者さんにご相談ください。

 

フィンジアの公式サイトはこちら

\FINJIAを初回無料で購入できる公式サイトはこちら/

アンケートに答えて5点セットが初回無料になるキャンペーン実施中!!